主要事業/実績

  • TOP
  • >
  • 主要事業 / 実績

金融事業:日本株式投資信託事業

2006年グループにて主に日本の上場企業を投資対象とした投資信託を組成し、当社はその調査および助言業務を担当。 大手機関投資家の調査が薄い中小型企業に対して集中的な調査を行うことで差別化を図ります。 また、業界毎に担当者を分けず、モノや情報の流れ(バリューチェーン)に沿った独自の調査体制を築いています。

徹底的に足をつかった企業および業界調査を強みとし、金融危機を乗り越え、10年以上にわたり堅実な実績を積み上げています。

当事業のトラックレコード(助言実績)
出所:Hayate Partners Pte. Ltd.
注 :当該実績は当社が助言を行ったHayate Partners Pte. Ltd.の過去の運用実績です。当該実績は過去のものであり、将来の成果等をお約束するものではありません。

ご留意事項と弊害防止措置

  • 本サイトは、有効な情報に基づき作成された当社の事業をご理解いただくためのものであり、必ずしも金融商品取引を勧誘するものではありません。
  • 当社が投資顧問契約などの金融商品取引契約を締結する場合、あるいは適格機関投資家等特例業務を行う場合、個別の契約に基づく手数料を頂戴しますが、その金額については、運用資産規模やスキームに応じて個別協議のうえ決定されますので、一律に表示することはできません。
  • 投資顧問契約の対象となる資産、あるいは適格機関投資家等特例業務により運営される集団投資スキームの持分は、価格変動や金利情勢などの要因によって資産の価値の減少または配当が減少するリスクが存在します。また、変動要因はこれらに限定されるものではありません。実際の契約に際しては「契約締結前交付書面」にて必ずご確認をお願いします。
  • 当社が業務執行を担う組合は、上記の日本株式投資信託事業における助言先企業が運用する投資信託をその資産に組み入れています。それ以外に当社の取り扱う上記組合を含む投資スキームと日本株式投資信託事業の間に業務上の関連はありません。また、当社の取り扱う投資スキームにおける資産は全て分別管理されています。

新規事業:AI(人工知能)等の最先端技術の活用によるフィンテック開発

金融事業におけるプラスパフォーマンスの源泉を数理解析手法により分析し、更にはディープラーニング等の技術によりその再現性を確保しようという事業開発を推進中。これを「7シグマ」プロジェクトと命名。

「7シグマ」メンバーは、統計学・脳科学・医学・複雑系など多様なバックグラウンドを持つ若手研究メンバーによって構成されており、「企業価値の分析パターン」「投資チーム内の会話内容」「意思決定プロセス」などの観点から研究および分析を進めています。
これまでの実績+AIなどの最先端技術+行動経済学の知見+教育の視点を取り込み、金融のビジネスモデルを変革するフィンテックを確立することを目指しています。