7 SIGMA PROJECT

  • TOP
  • >
  • 7 SIGMA PROJECT
  • >
  • PROJECT概要

PROJECT概要

PROJECT α: 機械学習等の最先端技術 x 金融のドメイン知識 = 独自のフィンテック開発

これまでの当社の「金融事業の実績」に、「AI等の先端技術」「脳科学」「教育」などの異分野の知見や視点を取り込み、金融のビジネスモデルを変革するフィンテックを確立することを目指しています。

当社には、金融事業において10年以上にわたる実績があり、その知見が蓄積されております。しかし、その実績は自社の「どのような強み」を、「どのように活かす」ことで達成されたのかの言語化は困難を極めます。

本プロジェクトは、金融事業におけるこれまでの実績の源泉を可能な限り客観的に解析し、更には機械学習等の技術によりその再現性を確保しようという挑戦から始まっており、これを「7 SIGMA PROJECT α」と命名しました。そのメンバーは、当社役職員に加えて、統計学・脳科学・医学・複雑系など多様な分野で活躍する研究メンバーによって構成されています。

具体的には、当社には「数万件におよぶ企業調査結果」「その後に成された投資判断」「その成功や失敗を含めた結果」などの膨大なプライベート・データが眠っています。それに加えて、ある時点での財務データや株価という数値情報やニュースという自然言語情報もパブリック・データとして取得可能です。また、将来的には、投資チームにおける議論の音声データ、議論時のバイタル・データなども取得し、解析対象に加えようと計画しています。言語は必ずしもその人間の真意を表しているとは限りません。真実に迫るために、より有用なデータや説明変数を探し続けたいと思います。これらを多角的に解析することでヒトがどのように「意思決定」するのかのメカニズムや、その意思決定の強み/弱みの特徴量が露わになると考えています

このような研究から、もしも何かしらの知見が得られたならば、世界にどのようなインパクトを与えられるのでしょうか?

まず、投資リターンの源泉が暗黙知から形式知へと変わることで、その再現性が担保され、事業のサステイナビリティを確保する一歩となる可能性があります。当社で言えば、何となく認識している強みを‘ハヤテ流’として言語化できることを意味し、ひいてはその再現に繋がり、結果としてリターンが強化あるいは安定される事でしょう。

次に、教育の分野にも変革を促す可能性があります。例えば運用業界でいえば、‘カリスマ・ファンド・マネージャー’という言葉が存在するように、属人性が高い業界と言えます。属人性の高さは概して組織としての再現性の低さを意味します。その知見を伝承できなければ、後進がたまたま「育つ」ことはあれど「育てる」ことは出来ません。そのような業界に未来は無いものと考えます。ここで、もし体系立った教育ツールがあれば、ヒトを生かし、後進を育て、業界の未来を創ることが出来るのではないかと考えます。

また、このような技術はその適用を当社あるいは金融業界に限りません。広くあまねく産業界に有用な技術たる可能性があります。製造業における職人技をAIに学習させる試みはありますが、サービス業でも同じ試みが可能だと思います。更に言えば、個人だけではなく、それをチームや組織自体に適用することもできるというのが当社の仮説です。なぜ、あの会社は伸びているのか、なぜあのチームは勝てるのか、それが解析できればヒトの相互作用としての組織の特徴/個性にもメスをいれられるのではないかと考えております。

PROJECT β: ヒトの投資意思決定を支援するプロダクトの開発

一方で、全てが形式知化されたならばロボットがヒトを置き換えてしまうのではないかという懸念もありえます。そこで当社としては、ヒトを置き換えるのではなく、「ヒトを生かすプロダクト」の開発を進めたいと思います。例えば、当サイトの「投資哲学と戦略」「アナリスト業務の魅力」にて記載のとおり、当社はヒトとヒトの生産的交わりとしての議論を重んじています。しかし議論は一人では出来ません。そこで、研究成果をもとに、当社の強みを更に強化し、弱みを打ち消すアルゴリズムを実装したボットが自身の議論の相手になってくれたとしたらどうでしょうか?場所と時間を選ばず、自由に議論という「教育」の機会を得て、一気に成長のスパイラルを駆け上がることが出来るかもしれません。あるいは自分の考えを導いてくれるデータベースがあればどうでしょうか?問いに対して応答のみ行うのではなく、そこに「ゆらぎ」あるいは「問いに対して問い」を返すデータベースは、そのやりとりを通じてヒトに新たな気づきをもたらすかもしれません。答えを押し付けるのではなく、問いにより導くことで「ヒトを生かすロボット」が当社の目指すプロダクトの一つです。

PROJECT γ:???

まずはフィンテック企業として、金融事業を強化しうる「PROJECT α」および金融事業も強化しつつEduTechへの展開可能性も包含した「PROJECT β」を推進します。そして更に足踏みすることなくその先の「PROJECT γ」も見据えております。それは、各個人あるいは各社のユニークな’意思決定’の強み/弱みを抽出し、それを強化あるいは補正してくれるロボットが相棒となり、「あらゆる意思決定」をサポートしてくれる世界の構築です。

ヒトは朝起きてから夜寝るまでに9000回以上の意思決定をしていると言われています。小さなもので言えば朝起きて、まずは歯を磨くのか、顔を洗うのか。大きなもので言えば、休日の楽しみな旅行にてA国に行くのか、B国に行くのか、などが考えられます。特に後者の’意思決定’の成否はQOL(Quality Of Life)に大きな影響を与えます。我々は「意思決定はヒトの営みの礎であり、豊かさの源」であると考えます。投資での成功、美味しいお店の選択、狙ったとおり素晴らしい旅行の実現など、その全てがヒトの営みであり、人生の豊かさを決めると言えるのではないでしょうか。

「世界に一つだけの花」としての貴方の意思決定の強み/弱みを理解したうえで、素敵な人生をサポートしてくれるロボットがいる世界を実現できれば、この研究・開発プロジェクトの困難や苦労も吹き飛ぶと信じております。

PROJECT紹介セミナーはこちら

採用募集

当社が目指すのは、挑戦する気概を持ち、世界で戦えるプロフェッショナル集団です。自ら新しいアイデアを提案し、実行に向けて仲間を集め、周囲を巻き込むことで仕事と付加価値を生み出していける人材を募集しています。挑戦する気概を持ち、世界で戦えるプロフェッショナルを目指したいならば、ご自身が「当社で挑戦したいこと」で頭を一杯にしてご応募下さい。楽しみにお待ちしております。

※本サイトから直接応募頂いた候補者の皆様との面談を優先させて頂きます。

フルスタックエンジニア 2名

金融事業においては堅牢さを重視したシステム全体の設計・開発を担う。新規事業ではアジャイルを志向し、Deep Learning等の最先端技術と金融の交差する領域に挑戦する。いずれの事業においても、システム全体の設計・開発をリードするポジション。

業務内容
  • いち企業として、あるいはアセット・マネジメント企業として業務上必須となる機能の開発。具体的には、社内情報を一元表示するポータル、社内コミュニケーション・ツール、CRMにはじまり、売買発注システム、投資先ポートフォリオ管理システムなど
  • 当社が開発を目指す、延べ数万件におよぶ企業調査を通して確立された企業価値分析におけるエッセンスとロジックを用いた、万人に向け”企業分析プラットフォーム”の実現
  • 当社が開発を目指す、ヒトを中心に据えて不自然さのない自然言語でのやり取りを通じて、ヒトによる「投資意思決定をより良きものへ」と導き、ヒトを活かす質問応答型システム”スギロボ”の実現
得られる経験・価値・魅力
  • 金融事業において、現場の反応と摺合せながらもゼロからシステム全体の設計を担う自由度
  • 新規事業において、スクラッチからシステム全体の設計・開発を担う自由度
  • 使用言語、技術、クラウド/サーバ環境に関する自由度
  • 統計学・脳科学・医学・複雑系など多様なバックグラウンドを持つ研究メンバーとの交流
求められる素養
  • 業界経験不問(例えば、SIerやゲーム業界など異分野からのご応募も歓迎)
  • C/C++/Java等を用いて高速なシステムを開発できるコーディングスキル
  • 複雑なコンセプトを咀嚼し、コードに反映させるテクニカル・ライティングスキル
  • 必須ではないものの、スクラッチから大規模ユーザが利用するシステムを設計・開発した経験があるとなお望ましい
  • VBA、Google Apps Script(API利用)、RPA(ex. UiPath)等による業務効率化経験もなお望ましい

機械学習エンジニア/データ・サイエンティスト 2名

Deep Learning等の最先端技術と金融の交差する領域に挑戦する新規事業において、核となる学習モデルの構築、システム開発を担うポジション。

業務内容
  • 当社にしか存在しない企業調査結果としてのプライベート・データと市場のパブリック・データを活用して、「ハヤテ流」の企業分析方法を形式知化する。そして学習することで再現性を担保すること。
  • 当社が開発を目指す、延べ数万件におよぶ企業調査を通して確立された企業価値分析におけるエッセンスとロジックを用いて、万人に向けた”企業分析プラットフォーム”を実現するための、核となるアルゴリズム、あるいは数理解析モデルの研究および構築
  • 当社が開発を目指す、ヒトを中心に据えて不自然さのない自然言語でのやり取りを通じて、ヒトによる「投資意思決定をより良きものへ」と導き、ヒトを活かす質問応答型システム”スギロボ”を実現するためのアルゴリズム、あるいは解析モデルの研究および構築
得られる経験・価値・魅力
  • 最先端の技術やフレームワークを試すことができる機会
  • 数万件以上の企業訪問データをはじめとした、当社にしかないスマートデータに触れる機会
  • 統計学・脳科学・医学・複雑系など多様なバックグラウンドを持つ研究メンバーとの交流
  • テクノロジーの可能性を追求する革新的な研究開発集団としてその挑戦の立役者となる醍醐味
求められる素養
  • RやPythonを用いて実システムに実装できるコーディングスキル
  • C/C++/Java等を用いて高速なシステムを開発できるコーディングスキルがあるとなお望ましい
  • Chainer / Tensorflow等の深層学習フレームワークを利用した1年以上の実務経験あるいは同等の経験があるとなお望ましい
  • コンピュータ・サイエンス、金融工学、数理ファイナンス、計量経済学、理論物理学等に関連する学位があるとなお望ましい
  • VBA、C、R、Python、もしくはそれらに近しい言語のコーディング技術があるとなお望ましい

クオンツ 2名

高度な数学や確率論を駆使した「定量」市場分析のみならず、「定性」情報まで扱い、当社独自のスマートデータや金融ドメイン知識を統合して数理的に解析し、価値ある形に昇華させる役目を担うポジション。

業務内容
  • 金融事業における顧客に対して価値ある市場分析あるいは当社の活動の分析結果を提示すること
  • 当社にしか存在しない企業調査結果としてのプライベート・データと市場のパブリック・データを活用して、「ハヤテ流」の企業分析方法を解析して形式知化すること
  • 当社が開発を目指す、延べ数万件におよぶ企業調査を通して確立された企業価値分析におけるエッセンスとロジックを用いて、万人に向けた”企業分析プラットフォーム”を実現するための、核となるアルゴリズム、あるいは数理解析モデルの研究および構築
得られる経験・価値・魅力
  • 数万件以上の企業訪問データをはじめとした当社にしかないスマートデータに触れる機会
  • 企業の財務情報や株価データに加えて、企業調査時の定性メモや投資アイデア議論時のバイタルデータの解析に挑戦するなど、世界でも稀有であろう分析に挑戦できること
  • 統計学・脳科学・医学・複雑系など多様なバックグラウンドを持つ研究メンバーとの交流
求められる素養
  • 高度に数学的な知見(微積分、統計/確率、線形代数等)
  • 理論物理学、金融工学、数理ファイナンス、計量経済学等に関連する修士以上の学位
  • これら解析を可能とするソフトあるいは言語のコーディング技術
  • 専門的知識に係る説明能力
  • VBA、C、R、Python、あるいはそれらに近しい言語のコーディングスキルがあるとなお望ましい