• TOP
  • >
  • 我々のミッション

我々のミッション

グループミッション

挑戦者を支え、挑戦者を増やし、挑戦者になることで社会の温度を上げる



金融事業ミッション

一人でも多くの迷える投資家と悩める経営者を無くす



日本から世界へ。日本を世界へ。

当社の設立直後の2006年から2011年の震災を経てアベノミクスの始まる2013年までの10年弱の間、日本企業と日本市場は世界からほぼ見捨てられていました。「日本は年老いていく」「日本に成長機会はない」「日本は終わった」と。“ジャパン・パッシング”や“ジャパン・ナッシング”という言葉まで生まれました。

しかし、本当にそうなのでしょうか?我々はそれを明確に否定してきました。例えば、アップル社は我々が尊敬する企業の一つです。iphoneがモバイルコンピューティングを世界中の人々にもたらした事実に敬意を払ってやみません。しかし、日本にもiモードがありました。あれこそ世界に先駆けて本格的モバイルコンピューティングの扉を開けた誇るべきサービスだと考えます。またiphoneというハードは液晶、タッチパネル、バッテリーなど当時の日本のデバイス企業の技術がなければその実現は難しかったでしょう。ipodにおいても、あの美しいステンレス筐体は新潟県の燕三条で培われた技術の賜物です。中身から外見まで日本の技術力の結集と言ってもよいのではないでしょうか。

フェイスブック社もまた偉大な企業です。人々をエンパワーし、繋げるという社会的価値に尊敬の念を禁じえません。しかし、日本にもmixi社というSNSの先駆け企業があります。むしろ汎用SNSとしてのサービスローンチはmixi社のほうが早かったと言われています。ここにもまた世界に冠たる企業やサービスがありました。

これら誇らしい日本企業を知っていた我々としては、誤解され続ける日本に忸怩たる想いでした。その想いから創業当時の我々のミッションを「市場と社会に埋もれた素晴らしい日本企業・技術を世界に知らしめる」と定めました。「日本と日本企業の素晴らしさを胸に、ジャパン・プライドをもって世界で戦えるプロフェッショナル集団を創りたい」との言葉もそのような背景から来ています。


投資家とともに。経営者とともに。

あれから10年以上がたち、アベノミクスを経て、少しずつではありますが日本は自信を取り戻し、世界の注目も戻りつつあるのかもしれません。しかし、我々は満足しておりませんし、いまだ何も成し遂げていません。例えば1998年の株式市場のピークから本日まで30年にわたり、株式指数は計算上リターンを生んでいません。つまりその恩恵に浴した投資家は皆無だということになります。だからこそ「貯蓄から投資へ」というスローガンは空虚に響きます。そして果実の無い投資はいずれたち枯れることで、起業家を含めた経営者を応援する流れもまた弱まります。投資とは「相手の未来を信じること」に他なりません。投資信託とは「信じて託す」と書くとおりです。信じて託してくれる人が減れば、リスクをとり事業を興す人が減るのも自然な流れです。そうして「迷える投資家」と「悩める経営者」の苦悩は続きます。

我々は、その流れを断ち切ることを次の金融事業のミッションと定めました。「一人でも多くの迷える投資家と悩める経営者を無くす」と。難しい金融市場と膨大な金融商品に埋もれ迷える投資家に対しては決定打となるソリューションを提供し、経営戦略、資本政策、市場との対話など押し寄せる経営課題に悩める経営者に対しては寄り添い、支え、時には叱咤することで挑戦を促す。そのような活動を通じてこの国が、この世界が、活度をあげていくことに、ささやかながら貢献したいと思います。

ハヤテインベストメント株式会社 一同