メンバー紹介

応援メッセージ

河原 茂晴 Shigeharu KAWAHARA

ソニー23年、KPMGあずさ監査法人代表社員16年を経て、現在河原アソシエイツ代表公認会計士(日本並びに米国)。一橋大学CFO教育研究センターでは、伊藤邦雄センター長の特別補佐を務める。所属団体:経済同友会幹事、日本工業倶楽部、日本取締役協会、日本コーポレートガバナンスネットワークなどの各会員。

ミレニアル世代の旗手たるハヤテに期待します。
『ホモ・デウス』によれば、AIが人間の知性を追い抜いていくSingularityの頃には現在の所得格差が更に拡大し、より残酷な格差社会が到来しうる。人間がAIに使われ、GAFAに象徴されるデータイズムが更に跋扈し、超エリート以外の大多数の人類は負け組(Useless class)になるとのことであります。

翻って日本社会では、戦後の高度成長モデル(新卒一括採用・年功序列賃金・企業内組合・終身雇用・長期的なお付き合い・持ち合い株式など、これらを私は’Corporate Japan Modelと呼んでいます)の残滓がいまだに随所に見られます。従業員の意識も「社畜」から「自律した個」への改革が進まない。所得税・年金も、その天引き制度が不感症を助長する。2012年からアベノミクスによる三本の矢の成長戦略のもと、スチュワードシップとコーポレート・ガバナンスという両コードを導入して、日本企業の資本生産性もここ数年で大幅に改善したものの、いまだ道半ばであります。圧倒的にパッシブ運用が隆盛を誇る中で、ミレニアル世代の旗手たる当社には、ESGなども考慮しながら中長期的な企業価値向上を常に意識して、個別銘柄を深堀し、マーケットを啓蒙していくことを目指して欲しいと思います。そして、これが究極の所得格差是正の一歩につながると信じています。

三沢 英生 Hideo MISAWA

東京大学運動会
アメリカンフットボール部監督

代表の杉原さんとは20年におよぶ親交があり、当社についてもその苦難と格闘の歴史を創業から見守らせて頂いています。多くを語るつもりも、その必要もありません。一言でいって代表は「信頼の人」であり、ハヤテは「信頼の会社」です。その真面目な企業調査活動をとおして、日本に横たわる金融・投資・ファンドへの偏見を取り除き、この国を豊かにしてくれる会社だと信じています。